グラストラッカーとスズキ

グラストラッカーを製造、販売しているのは、軽自動車でもトップシェアのスズキです。
「人と同じ事はやらない。やるなら世界一を目指すのがスズキ」と評されるように、オートバイを中心に常に前進的な製品つくりで知られています。 以下に具体的な例を掲載。

・モーターサイクルの分野では80年代に爆発的な人気となったレーサーレプリカの第1号としてRG250ガンマ(2サイクル)を発売した。
・50ccのレーサーミニとしてGAG(4サイクル)を発売した。(ジョーク・バイクとして発売されたGAGの後追いとして他社から出たものは残念ながら完全な「レーサーミニレプリカ」として発売されたため、レーサーミニの第1号であるGAGは短命に終わる)
・今日、特に欧州で大人気の400ccや650ccのビッグスクーターの第一号もスズキによって発売された。 それ以前にも250ccのスクーターはホンダなどにより既に発売されていたが、それはあくまで(高速道路も走る事ができる、50ccや125ccの標準的な排気量のスクーターからみたら)「巨大化したスクーター」としてのみ認知されていた。 それをスクーターとしては異例な400ccの大排気量エンジンを搭載し、直ぐにさらに巨大な650cc(これは存在するスクーターでは最大の排気量である)というエンジンを載せてビッグスクーター=プレミアム・スクーター(四輪車の十分な代用となる、また高価格でもある、性能も高性能である、といったような複合的要素)という図式を作り上げた。 これによりビッグ・スクーターは上記の80年代のレーサーレプリカと同じように大人気となる。
・F1活動などで高性能エンジンといえばホンダと言われるが、ハイパワー・エンジンの製作ではスズキが他社をリードしてきた。 二輪車において250ccクラスの自主規制値となった45PS(RG250ガンマ)、同400ccクラスの自主規制値となった59PS(GSX-R)、軽自動車の自主規制値となる64PS(ALTO-WORKS)等。 全てスズキがこれらのハイパワー過ぎるが故に業界の自主規制値となってしまった数値を出すエンジンを作り出したことは興味深い。
・その一方でアルトやジムニーの2サイクルエンジンを最後まで使用し続けたり、Keiは改良を重ねながら初代のまま生産・発売し続けたり、ワゴンRは3代続いてキープコンセプトであるなど、案外保守的な面もある。しかし、初代ワゴンRのスタイルが登場したその軽トールワゴンというコンセプト(ホンダのステップバン)は当時は非常に革新的であり、軽トールワゴンという新たなジャンルを切り開いていった。
・これは意外と知られていない事だが四輪車の塗装が極めて丈夫(特に登録車)という点がある。飛び石を受けた場合や少しぶつけて凹ませた場合、他社製の車両では塗膜が割れて剥がれることがよくあるが、同社製の車両は表面に傷が付く程度で、少々の衝撃では剥がれが生じない(適度に弾力があるためヒビ割れが起こらず剥離しにくいと思われる)。
・車両価格も実用グレードであればかなり安く買える。またグレード構成もトヨタで代表される抱き合わせ販売でなく便利性に重点を置いた構成としてる。(wikipediaより引用)